【初心者必見】猿でもわかる初歩的なゴルフマナーについて

  • URLをコピーしました!

(スポンサーリンク)

ゴルフは紳士のスポーツ。

ルールやマナーが複雑そう。。

こんな風に思っている人も案外多いのでは?

今回の記事ではマナーがわからないという初心者ゴルファーのために、猿でもわかるんじゃないか?ってぐらい簡単なゴルフマナーの基本事項についてまとめていきます。

覚えておいて損はないのでぜひご覧くださいっ!!

目次

(スポンサーリンク)

これだけ覚えておけば間違いなし!めちゃめちゃ基本的ゴルフマナーについて

ゴルフは自分との勝負、友達と楽しむスポーツというイメージを持つ方も少なくないかもしれませんが、実はそうではありません。

自分自身や友達はもちろんですが、前後の組で回っているゴルファーやスタッフさんなど数多くの方が協力し合って進めるスポーツです。

ここで紹介するルールやマナーは、猿でもわかるような簡単なものではありますが、ゴルファーたるもの守るべしという内容ですので、しっかりと覚えるようにしましょう!

初心者が必ず覚えておきたいゴルフマナー①時間について

まず一つ目に意識してほしいゴルフマナーは「時間」です!

数百人もの人たちが協力をしている中で、自分一人が身勝手な行動をして時間を乱してしまうのはマナー違反ですので気をつけてくださいね。

ゴルフ場には30分前までに到着すること

初心者によくあるのが、スタート時間にゴルフ場に着けば良いという考え。

ゴルフ場は飲食店じゃありません。

ゴルフ場には30分以上前に、最悪でも20分前には到着するようにしましょう。

あと、服装はイギリスの紳士みたいな感じで頼みますね。

10分前にはスターティングホールで準備しておくこと

ゴルフ場では分刻みで時間が配分されています。

スタートが8:32だとか、休憩後のスタートが12:57だとかいうことは日常茶飯事。

もし一人が予定時刻に遅れると多くの人たちに迷惑がかかってしまうので、10分前には最初のホールのティーイングエリアで準備しておくようにしましょう。

プレー時間はできる限り短くする意識をすること

初心者ゴルファーに多いのがスロープレー。よく問題になってますね。

後続組に迷惑をかけないためにも、スロープレーにならないように意識することは重要です。

ではどうすればスロープレーを撲滅できるか?簡単です。

クラブは常に2,3本以上持って移動する

そしてもう一つ、走って走って走りまくる

これだけです。

クラブを複数本持つのは、打つ場所とカートとの移動時間を削減するため。

使いそうなクラブを何本か持って移動することを意識してください。

そして初心者であればあっち行きこっち行きになることも多いはずです。

ダイエットをするのだと思ってできる限り走って移動するようにしましょう。

初心者が必ず覚えておきたいゴルフマナー②邪魔をしない

2つ目に紹介するゴルフマナーは邪魔をしないということです。

そーんなこと当たり前じゃーんって思ったそこのあなた。

案外邪魔をしちゃってることも多いので気をつけてくださいね。

スイング中に物音を立てない

特に意識しておきたいことの一つ目が、スイングに入れば音を立てないということ。

どのスポーツでもそうですが、ゴルフでは特に繊細なプレーが必要になります。

スイング中に物音や喋り声が聞こえるとスイングが崩れるということもよくあるので、長くゴルフをやっている人と回るときには特に注意するようにしてください。

プレー中は視界から消える

そして二つ目は、プレー中は視界に入らないということ。

人の視界は案外広いので、人の動きや影などにプレーが影響されることも多いです。

同伴者がプレーしているときには、できる限り視界から消えるようにしてください。

初心者が必ず覚えておきたいゴルフマナー③来た時よりも綺麗にする

3つ目は来た時よりも綺麗にするということです。

皆さんラウンドが終わればトイレ掃除をしましょう!

とは言いませんが、ラウンド中にはフェアウェイにディボット(穴)を作ってしまったり、グリーンにマーク(窪み)ができてしまったりすることがよくあります。

これらを意識して綺麗にするようにしてください。

放ったらかしにしてしまうと、コースメンテナンスをするゴルフ場のスタッフが疲弊し、メンテナンスが追いつかなくそのゴルフ場に来るゴルファーが減り、ゴルフ場経営が困難になり、ゴルフ場が倒産し、日本の経済が停滞し、日本が沈没してしまう。ということにも繋がりかねません。

ディボットを埋める

ボールを打つと同時に芝生を打ちめくってしまった場合には、地球に謝るとともに目土と呼ばれる砂で穴を埋めるようにしましょう。

ボールマークを直す

グリーンはフェアウェイと比べるとしまっているため、ボールマークがつくこともよくあります。

どーでもいいですが、僕はボールが半分以上埋まってしまったことも。

そのような場合には、グリーンフォークという道具を使ってマークを直すようにしてください。

直し方としては、マークの外側にフォークを刺し芝生を内側に寄せていく、そして最後にパターでトントン。

砂遊びの後には均しておく

バンカーに入ってしまった場合には、しっかりと砂を均すようにしましょう。

幼稚園児の頃に「砂遊びをしたら砂を均しましょう」という教育がされてこなかったせいか、案外均さずにそのまま行ってしまう人もいます。

が、これはマナー違反ですので、この記事を見ている皆さんはちゃんと均すようにしてくださいね。

マナーを覚えて気持ちの良いゴルファーになろう

ゴルファーにとってマナーを覚えることは重要です。

ぶっちゃけ、マナーを守れないゴルファーは好かれません。

これからゴルフを始めようとしている初心者さんは、まだまだ実力もないからこそマナーだけは守れるようにしてみてはいかがでしょうか。

ラウンドに行ったことがないという初心者ゴルファーの方は、こちらの記事も参考にみて見てください!

「ゴルフ場行ったことない…」ラウンドデビューも問題ナッシング!

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1998年生まれ。兵庫県佐用町出身。
ゴルフ歴: 2017年〜。ベスト80。
JOYXゴルフ倶楽部上月コースメンバー。

目次