【ゴルフボールの選び方】スピン系とディスタンス系の違いとは

スピン系・ディスタンス系ゴルフボールの違いとは
  • URLをコピーしました!

(スポンサーリンク)

「スコアをもっと伸ばしたい。」

そんなゴルファーは、どんなゴルフボールを使用すれば良いのかと悩むこともあるでしょう。

今回は、スピン系ボールとディスタンス系ボールの違いやゴルフボール選び方をご紹介します。

目次

(スポンサーリンク)

そもそもゴルフボールってどんな構造?選び方の基礎知識を紹介

1ダース1,000円以下で購入できるものから、1ダース5,000円超えのものまで、ゴルフボールには多種多様なものが存在します。

とは言え、高いゴルフボール=良いボールというわけでもなく、それぞれのゴルファーに合うボールを選ぶことが大切です。

まずは、ゴルフボールがどのような構造で作られているのかを見てみましょう。

「ツーピース」や「スリーピース」とは

ゴルフボール

外観だけ見ると、ゴルフボールはただの球体であるかのようにも見えますが、実際は、ほとんどのゴルフボールが、複数の層から成り立っています。

2層から成るボールが「ツーピース」3層からなるボールが「スリーピース」で、現代は、2〜5層が主流となっています。

層が多くなるにつれて価格も高くなりますが、これは何故なのでしょうか。

層の多さはクラブ毎のスピン量に影響する

  • ドライバーのヘッドスピード > アイアンのヘッドスピード > ウェッジのヘッドスピード

上述のように、一般的にはシャフトが短くなればなるほど、ヘッドスピードは遅くなります。

そのため、ドライバーで打つ際には、ボールの中心部分まで力が作用する反面、アイアンやウェッジで打つ際には、ドライバーほど力は作用しないことも多々あります。

カバーの多いゴルフボールは、このようにクラブ毎のスピン量を最適化するために、何重にもカバーをしているのです。

イメージとしては、

  • 1層目:ドライバーに合わせたコア
  • 2層目:ウッド・ユーティリティに合わせたカバー
  • 3層目:アイアンに合わせたカバー
  • 4層目:ウェッジに合わせたカバー
  • 5層目:パターに合わせたカバー

のような形です。

「ディンプル」とは

ゴルフボール

「ディンプル」とは、ゴルフボールにあるデコボコ(くぼみ)のことです。

このディンプルのおかげで、ゴルフボールに適度な空気抵抗が加わり、飛距離や弾道が最適化されます。

ディンプルが多ければ低弾道になる

ゴルフボールによって、ディンプルの数や大きさは異なりますが、一般的には、

ディンプルが多ければ多いほど弾道は低くなり、少ないほど弾道は高くなる と言われます。

また、ディンプルの直径が小さければ小さいほど低弾道に、大きければ高弾道になる とも言われます。

「コンプレッション」とは

ゴルフボール

「コンプレッション」とは、ボールに負荷をかけた時にどれだけ変形するかを表す指標であり、数値が高ければ高いほど、ボールが硬くなります。

高コンプレッションのゴルフボールは、打感が硬くなりやすく

反対に、低コンプレッションのゴルフボールは、打感が柔らかくなりやすいです。

コンプレッションが高ければ初速が速くなる

一般的には、コンプレッションが高いゴルフボールほど、ボール初速は速くなると言われています。

「硬いボール=飛距離が出やすい」と認識されているゴルファーもいるかもしれませんが、飛距離が出る背景にあるのは、初速が速くなるからです。

ただし、十分なヘッドスピードが出ていない場合は、ボールを弾くために十分なパワーを伝えられないので、飛距離をロスする可能性も否めません。

スピン系とディスタンス系ゴルフボールの違い・特徴

ここからは、スピン系のボールとディスタンス系のボールの違いについてご紹介していきます。

スピン系ゴルフボールの特徴と構造

クロムソフト X
出典:キャロウェイ公式サイト
コアの硬さカバーの硬さカバーの多さ
硬い柔らかい多い

一般的には、スピン系のゴルフボールは上表のような構造となることが多いです。

硬いゆで卵はよく回転するのに対し、生卵の回転数は少なくなるのと同様に、コア(=ボールの中心核)の硬いゴルフボールはよく回転しやすい。(=スピンがかかりやすい)

その上、カバーが柔らかければクラブにボールが乗りやすくなり、より多くのスピンがかかりやすくなるというわけです。

また上述したように、カバーが多ければ多いほど、ウェッジやショートアイアン、ロングアイアンとクラブ別のスピン量が最適化されるため、スピン系のゴルフボールは、どんな状況下でもスピンが入りやすくなるのです。

ディスタンス系ゴルフボールの特徴と構造

SUPER SOFT
出典:キャロウェイ公式サイト
コアの硬さカバーの硬さカバーの多さ
柔らかい硬い少ない

対するディスタンス系ゴルフボールの特徴は、上表の通りです。

スピン系とは反対に、生卵と同じくコアが柔らかい分回転数は少なくなります。(スピンが入りにくくなる)

またカバーが硬くなれば、クラブがボールを弾く力が強くなるため、ボール初速アップと飛距離性能の向上につながるのです。

カバーが少なければ、スピンが少なくなるコアに力が届きやすくなる点も、ディスタンス系ゴルフボールの飛距離性能の高さに結びつくと言えます。

スピン系・ディスタンス系ボールはどんなゴルファーに適している?

スピン系ゴルフボールとディスタンス系ゴルフボールには、上述したような特徴があります。

最後に、それぞれのボールがどんなゴルファーに適しているのかの目安をご紹介します。

スピン系ボールが適しているゴルファー

  • ボールコントロールができる上級者ゴルファー
  • スピン量が少なくよくドロップしてしまうゴルファー
  • 低中弾道のショットを好むゴルファー など

おすすめのスピン系ゴルフボール

EZAKI NET GOLF
¥5,280 (2023/10/12 07:24時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
XPRICE楽天市場店
¥5,368 (2022/10/20 15:13時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
アルペン楽天市場店
¥4,280 (2024/07/15 11:55時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

ディスタンス系ボールが適しているゴルファー

  • スライスやフックがよく出るゴルファー
  • スピン量が多く吹き上がるような球がよく出るゴルファー
  • 弾道の低いゴルファー など

おすすめのディスタンス系ゴルフボール

EZAKI NET GOLF
¥2,280 (2024/07/19 21:08時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
パワーゴルフ(PowerGolf)
¥1,650 (2024/07/14 12:26時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

自分に合ったゴルフボールを選んでスコアアップを実現しよう!

今回は、スピン系・ディスタンス系ゴルフボールの違いと、ゴルフボールの選び方について解説しました。

一般的には「スピン系=上級者用」と認識されていますが、初心者ゴルファーでもスピン系ゴルフボールが合うこともあります。

ぜひこの記事で解説した、それぞれのボールの特徴と選び方を参考にして、ご自身に合ったゴルフボールを選んでみてください。

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1998年8月9日生まれ。兵庫県佐用町出身。
jmp 代表。ええやんサヨウ 運営。
2017年4月、京都・同志社大学入学を機にゴルフを始める。
JOYXゴルフ倶楽部上月コースメンバー。

目次