ゴルフクラブのグリップの握り方を徹底解説!

ゴルフクラブのグリップの握り方
  • URLをコピーしました!

(スポンサーリンク)

ゴルフクラブは握り方次第で、ボールの軌道や安定性に大きな影響を及ぼします。

「グリップの握り方がわからない。」「自分に合ったクラブの握り方を知りたい。」

そんな思いを持つ方は、ぜひこの記事を参考にゴルフクラブのグリップの握り方を探してみてください!

目次

(スポンサーリンク)

基本のゴルフクラブの握り方をご紹介

まずは、基本的なゴルフクラブの握り方について。

ゴルフクラブは、

  • オーバーラッピンググリップ
  • インターロッキンググリップ
  • テンフィンガーグリップ

この3種類から、自身に合った握り方をします。

初心者の方には「インターロッキンググリップ」を教える方が多いですが、体の作りやスイングタイプは人それぞれですので、自分で打ちやすいグリップで練習を始めることがおすすめです。

ここからは、それぞれのグリップの仕方と特徴をご紹介します。

オーバーラッピンググリップ

オーバーラッピンググリップ
オーバーラッピンググリップ

左手の人差し指・中指の上に、右手の小指を被せるグリップ、これをオーバーラッピンググリップと言います。

オーバーラッピンググリップのメリット

  • 左手主導でのスイングになりやすい
  • リストターンがしやすい
  • 飛距離が出やすい

オーバーラッピンググリップのデメリット

  • スライスが出やすくなるかも
  • 安定性が落ちるかも

インターロッキンググリップ

インターロッキンググリップ
インターロッキンググリップ

左手の人差し指と、右手の小指をロックさせるように握るグリップ、これをインターロッキンググリップと言います。

インターロッキンググリップのメリット

  • 右手主導でのスイングになりやすい
  • 両手の一体感を感じやすい
  • 安定性が高まりやすい

インターロッキンググリップのデメリット

  • フックが出やすくなるかも
  • 飛距離が落ちるかも

テンフィンガーグリップ(ベースボールグリップ)

テンフィンガーグリップ(ベースボールグリップ)
テンフィンガーグリップ(ベースボールグリップ)

野球のバットを握る時と同様に、左手・右手の全ての指でグリップを握る方法、これをテンフィンガーグリップと言います。

テンフィンガーグリップのメリット

  • 指・手の怪我をしにくい
  • 飛距離を出しやすい

テンフィンガーグリップのデメリット

  • 安定性が損なわれるかも

【その他】逆オーバーラッピンググリップ

逆オーバーラッピンググリップ
逆オーバーラッピンググリップ

オーバーラッピンググリップは、左手の人差し指の上に、右手の小指を掛けるグリップでした。

対して、逆オーバーラッピンググリップは、右手の小指の上に左手の人差し指をかけるグリップ方法です。

アプローチやパターでこのグリップを採用する方は数多くいますが、通常のショットでこの握り方を採用しているのは

くらいでしょう。

逆オーバーラッピンググリップのメリット

  • 右手主導でのスイングになりやすい
  • 安定性が高まるかも

逆オーバーラッピンググリップのデメリット

  • スライスが出やすくなるかも
  • 右手の小指が痛い

ボールの軌道に影響するゴルフクラブを握る角度

ゴルフクラブを握ったときに、左手の甲が打ち出し方向に向いているのか、それとも自分の顔に向いているのかによって、ショット時のボールの軌道が大きく変化します。

ここからは、ボールの軌道に影響するゴルフクラブを握る角度についてご紹介します。

ウィークグリップ

ウィークグリップ

ウィークグリップとは、左手の甲が打ち出し方向を向く握り方のことです。

フェースを旋回させるスイングの方にはおすすめですが、フェースローテーションが大きい=フェースコントロールができなければ安定性が損なわれるとも言えます。

ウィークグリップでフェースコントロールができなければ、ヘッドが遅れて出てきて右に曲がるスライスが出やすくなりますので、スライスでお悩みの方にはあまりおすすめできません。

ストロンググリップ

ストロンググリップ

ストロンググリップとは、左手の甲が真上を向く握り方のことです。

ウィークグリップとは反対に、フェースローテーションが抑えられやすくなるためスライスのミスは少なくなることでしょう。

ただし、インパクト時の力みが引っかけに直結する握り方になるので、フックでお悩みの方にはおすすめできないグリップとなります。

スクウェアグリップ

スクウェアグリップ

スクウェアグリップは、ウィークグリップとストロンググリップの中間の握り方のことです。

タイガー・ウッズ選手などが採用するこのグリップは最もニュートラルな握り方であり、スイングが綺麗な方はスクウェアグリップで安定性の高いショットが打てることでしょう。

反対にスイングに癖がある方であれば、スクウェアグリップでショットを打ってみると、フックボールが多くなるか、スライスボールが多くなるかに分かれるはずです。

初心者ゴルファーの方はまずはこのグリップで練習をしてみて、フックが多いのであればウィークグリップ気味に、スライスが多いのであればストロンググリップ気味に調整すると良いでしょう。

ゴルフはグリップの握り方で安定性が大きく変わる

「オーバーラッピンググリップ」「インターロッキンググリップ」「テンフィンガーグリップ」のどのグリップ法を選ぶのか、「ウィークグリップ」「ストロンググリップ」「スクウェアグリップ」のどの角度でクラブを握るのか。

この記事で紹介したように、ゴルフクラブのグリップの握り方次第で、ショットの安定性は大きく変わります。

ぜひこの記事を参考に、練習場でいろいろな握り方を試してみてください。

Danact公式ショップ
¥5,980 (2024/05/28 17:59時点 | 楽天市場調べ)

(スポンサーリンク)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1998年8月9日生まれ。兵庫県佐用町出身。
jmp 代表。ええやんサヨウ 運営。
2017年4月、京都・同志社大学入学を機にゴルフを始める。
JOYXゴルフ倶楽部上月コースメンバー。

目次